分散投資ができることから低リスクで投資が行えるとして、投資信託は話題の投資方法となっています。そんな投資信託のオススメを紹介します。

  • ホーム
  • IPO株(新規公開株)とは?当選確率を上げる方法は?

IPO株(新規公開株)とは?当選確率を上げる方法は?

上り調子の推移

株は銀行預金のように元本保証がありません。
プロでも100パーセント必ず儲かるとは限らないとされています。
色々な方法を利用して、いかに確実に儲けられるかを考えているでしょう。
その中で比較的儲かる確率が高いとされているのがIPO株を利用する投資方法です。

非常に多くの会社が証券市場に上場されていますが、上場するには一定の条件をクリアしないといけません。
それなりに優良でないと上場が認められません。
優良で条件をクリアしたと認められた会社は晴れて上場が可能になりますが、その時に事前の準備が行われます。
初めて上場をするときにいきなり誰もが買える状態にするのではなく、応募者に対して決まった価格で買ってもらいます。
その上で上場による取引が始まります。

この投資方法で利益が出やすいとされるのは、応募者に示される価格と初値に一定の差があるためです。
必ずではありませんが、多くのケースで初値が事前の応募者提示価格よりも上がるので、事前に購入した人がすぐに売却すれば売買益が得られます。
売り時はまさに上場直後なので、何も考える必要なく儲けられる方法になります。
ただし誰もが簡単に事前の取得者になれるわけではありません。
いくつかの証券会社に一定の配分がされていて、それぞれに応募した人の中から選ばれます。
当選確率はそれぞれの会社によって異なるため、当選確率の高めの所もあれば、低めの所もあります。
一応どこの証券会社に割り当てられるかなどは事前に分かるようになっていますし、応募自体は口座を持っていればできる可能性が高いです。

当選確率を上げようとするといろいろとテクニックが必要になるので、それを知らないといくら応募しても抽選で漏れてしまいます。
人によっては年間にいくつものIPOを利用して実際に利益を上げている人がいます。
その人はテクニックを知っていますから、それを駆使するがゆえに何社も購入できるのでしょう。
興味があるのであれば、いかに当選するかを考える必要があります。

IPOの当選確率を上げる方法

IPO株は、一般的な売買に比べると利益が出る可能性が高く、相場を読む必要もありません。
あまり購入をした経験がない人でも比較的儲けられる方法です。

ただし、証券会社によって当選確率が異なるので、何も知らずにただ応募するだけでは当選ができません。
IPOで当選確率を上げる方法として、まずは複数の証券会社で口座を持っておく必要があります。
一つだけで当選しようとするのは無理があります。

よく扱っているとされる会社があるので、それらの会社を中心に口座を作っておきます。
それぞれの会社の抽選基準を調べておくと良いでしょう。
平等に抽選をする会社もあれば、その会社に対して一定の資産を持っている人を優先する会社もあります。
数千万円の資産を持っている人はそれなりにいるので、資産を優先する会社だとなかなか当選ができません。
資産に関係なく平等に抽選をしてくれるところなら、全く資産がなくても当たる可能性が出てきます。

資金をどうしないといけないかも重要なポイントです。
購入のための資金を応募時に入れておかないといけない会社があります。
複数の株に投資しようとすると、一般の人は資金不足になる可能性があります。
ある会社は当選後に入金すればよいとしているので、当選をしてから入金をすれば済みます。
たくさん応募したとしても、当選しない限り必要ありませんから、自分の資産を気にする必要なく応募ができます。
たくさん応募すれば当選確率を上げられるようになるでしょう

IPO株への投資をすればするほど確率を上げられる仕組みを持つ会社で行う方法もあります。
外れた時にポイントがたまり、そのポイントが高くなると当たりやすくなります。
外れたとしても将来につなげられるかもしれません。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ