分散投資ができることから低リスクで投資が行えるとして、投資信託は話題の投資方法となっています。そんな投資信託のオススメを紹介します。

  • ホーム
  • (初心者向け)投資信託のメリット・デメリット

(初心者向け)投資信託のメリット・デメリット

初心者マーク

これまで証券投資をおこなった経験のない人がいきなり株式投資や債券投資をするのは難しいかもしれません。
そのときに投資をするとよいのが投資信託です。
初心者にいいメリットとして、自分で銘柄などを選択する必要がないところでしょう。
投資先の財務状況や株価の変化などを見る必要はなく、証券会社で販売されている商品の中から好きなものを選ぶだけで行えます。
非常に多くの種類があるので、自分の好みのスタイルに合った商品を選べば簡単に投資ができます。

株式や債券だと、最低投資額が必要になります。
銘柄によって異なりますが、10万円近く必要になるので小額投資は難しいです。
メリットとしては、小額投資が行える所があります。
最小購入単位は証券会社によっても異なりますが、積立て投資であれば通常は毎月1万円から行えます。
最も少ない単位では100円からでも可能なので、あまり大きなお金から投資ができない人には最適と言えるでしょう。

投資信託のデメリットとしては、非常に商品が多くて選ぶのが大変なところがあります。
数千種類の商品があるとされ、その中から初心者が選ぶのはむずかしいかもしれません。
ただし、販売している金融機関では商品選びに役立つツールを用意してくれています。
いろいろな条件を設定すると、それに該当する商品を絞り込んでくれます。
こちらを利用すれば、目的に合った商品が絞られるので、楽に選べるようになります。

その他のデメリットとして、元本保証がない点があります。
銀行の定期預金しか投資をしていない人にとって、元本保証でないと投資ができないと考えている人がいるかもしれません。
実際に元本割れしていない商品や元本割れがしにくい商品は存在しますが、証券投資で元本保証があるものはありません。
これまで元本割れしていないとしても、将来的には元本割れする可能性があります。
定期預金に比べると利回りが良くなる可能性がありますが、元本割れする可能性を知って投資をしなければいけません。

投資信託のリスクを減らすにはどうしたらいい?

投資は元本保証がないので資産を減らす一定のリスクがあります。
上がる可能性もありますが、下がる可能性もあります。
株式に投資をする投資信託を購入するとき、初心者が大損をしないためにはどんな購入方法をしていくのがいいかを知っておくと良いでしょう。
投資信託は、株式とは異なり分散投資がしやすい商品になります。
商品そのものがすでに分散されているため、商品の投資先が破たんしたとしても価値がゼロになる可能性は少ないです。

さらに大損を少なくするためにより良い買い方があります。
一度に多くの単位を購入するのではなく、小額ずつを分散して購入する方法を取ります。
ドルコスト平均法と言われる方法で、これによって購入コストを平均化できます。
ある時に多くの単位を購入した後に価値が下がるとすぐに元本割れしてしまいますが、ドルコスト平均法なら購入単価が平均的なので、価値を下げるリスクを抑えやすくなります。

商品そのものを分散する方法もあります。
それぞれの商品には、株式にのみ投資する商品や債券にのみ投資する商品、不動産に投資する商品などがあります。
株式や不動産に投資する商品は価値が変動しやすく、販売手数料も高めに設定されています。
手数料は販売時以外にもかかり、信託報酬が高いとあまりうまく増やせません。
そこで、いろいろなタイプの商品に分散して投資するようにしてみましょう。

株と債券は逆向きの動きをすると言われるので、両方に投資しておくと大きく下がる可能性を減らせます。
日本の商品だけでなく、先進国の商品であったり新興国の商品への投資で世界への分散が可能になります。
日本の市場が下がっていても、世界の他の地域では上昇しているかもしれません。
世界に万遍なく投資をしておくと、ある地域の下落による資産の減少を減らせるようになります。
商品の中には、商品の構成を自動的に変化させてくれるものもあるので、その商品なら初心者でも簡単に分散投資が可能になります。

関連記事