分散投資ができることから低リスクで投資が行えるとして、投資信託は話題の投資方法となっています。そんな投資信託のオススメを紹介します。

  • ホーム
  • 個人投資家必見!確定申告の正しい方法

個人投資家必見!確定申告の正しい方法

株や投資信託といった取引で利益を得た場合、人によってはその利益分に所得税や住民税といった税金が加算されますので、そういった場合には確定申告を行う義務が生じます。
確定申告というのは、その年の収入がいくらあり、それを得るためにどういった経費がかかったか等を申告し、収入から控除や経費を差し引いた所得に対して所得税や住民税といった税金が課されるという仕組みになっています。
どういった方が要申告の対象になるかはケースバイケースとなりますのでここでは説明を省きますが、申告の義務があるのにそれを怠った場合は納付しなかった税金だけではなく、その他のペナルティが課せられる可能性もありますので、ご自身が要申告の対象かどうかはしっかりと確認しておいた方が良いでしょう。

さて、具体的な申告の方法ですが、税務署や市役所に置いてある、又はインターネット上で作成できる確定申告書と呼ばれる用紙に必要事項を記入し、その他必要書類と共に税務署に提出するといった形になります。
申告書にはAとBといった様式がありますが、株式投資や投資信託を行っている場合には基本的にはBの方を記入し提出する事になるでしょう。
AとBの違いとしては、Bの方は万人が使用できる申告書となっているのですが、Aの方は所得が給与所得や公的年金、雑所得等に限る場合となっていますので、譲渡所得や配当所得を得ている投資家の方は、基本的にはBを記入し提出する事になります。

申告書は勿論手書きで記入しても構わないのですが、国税庁が用意してくれているWebサイト上で製作する事もでき、その際は課税所得や税額を自動で計算してくれるため、積極的に活用しても良いでしょう。
その他必要書類としては、職場から送付される源泉徴収票や、取引の年間取引報告書等がありますが、こちらもケースバイケースによって異なりますので、ご自身に必要とされる提出書類をよくご確認の上で申告を行いましょう。
なお、申告を忘れてしまった場合には様々なペナルティがありますので、期限と申告義務については、事前によく調べておいた方が良いと言えます。

確定申告の申告漏れや忘れたときの対処法

もしうっかりと手続きを忘れてしまった場合はどうなるのでしょうか。
そのような場合の対処法としては、期限後申告という制度が設けられています。
これは、文字通り期限が超過してしまった後に確定申告を行う事ができるといった制度になるのですが、その際はやはりペナルティがあり、通常支払わなければならない税金の他に、無申告加算税というものが課されてしまいます。

その計算方法としては、納税すべき税金額に所定の税率を掛けて求める事ができるのですが、やはりなるべくであれば余計な税金は払いたくないもの。
会社員の方であれば会社が年末調整を行ってくれるために基本的には確定申告の義務がありませんので、忘れがちになってしまう事もあるでしょう。
現在は徐々に各企業で副業が認められつつありますが、副業に対しては当然ながら責任も求められますので、会社員という立場ではなく、投資家という立場に則って、その際に生じる様々な問題にはしっかりと対処し、課される義務は果たしておきたいところです。

ただ、株式投資や投資信託といった取引においては、NISA口座や特定口座という制度も設けられており、そちらで源泉徴収等が行われていれば改めて確定申告をする義務は生じませんが、もし赤字が出ている場合等は申告を行った方が得になるケースもありますので、その場合は多少面倒でも必要書類を揃えて申告を行った方が良いと言えるでしょう。
その他、もし期限後申告も行わず、支払うべき税金も支払ってないという状態になってしまうと、所得税法上で量刑が明記されていますので、最悪懲役刑になってしまう可能性も絶対にないとは言い切れません。
納税の義務というのは考えている以上に重たいものですので、株式取引や投資信託等で利益が出た場合は、多少面倒でも必要書類を提出し、確定申告を行わなければならないという事を念頭に置いておきましょう。

関連記事