分散投資ができることから低リスクで投資が行えるとして、投資信託は話題の投資方法となっています。そんな投資信託のオススメを紹介します。

  • ホーム
  • クロス取引とは?株主優待をお得に入手!

クロス取引とは?株主優待をお得に入手!

クロス取引とは、特定の銘柄を買う際、同じもの、同じ数量の買い注文と売り注文を同時に発注する取引です。
別名つなぎ売りともいわれ、この取引やつなぎ売りの場合は所持している現物は売却せず、それと同じものを信用取引で空売りする手法をとることになります。
株主優待を得たい方や譲渡益を節税したい方、大口注文を取引の立会い時間外に成立させたい証券会社にとってはメリットが多く、有益な取引といえます。

まずどんなメリットがあるかというと、例えば投資を行った際、権利を得た後に株価が下落することもありえますが、クロス取引ならば現物取引と信用取引を併用し、同じ価格で約定させることで、価格変動のリスクを抑えられます。
下落時には現物株式に損失が出ても信用取引の空売りを行うことで利益が出るので、結果的に受ける影響は少なくてすみます。

また利用する証券会社によっては、信用取引の手数料が無料になるコースを提供していることもあります。
無料にするにはそのコースで売買を行うことと、当日の市場が終了する前に現引き処理を行うことで権利の喪失を避け、翌日の市場が開く前に現渡し処理を行う必要があります。

また譲渡益の節税方法についてですが、例えば3万円の売買利益が出て税金がかかっている銘柄がある場合、同じように3万円値が下がった銘柄を保有していれば、その値が下がったものを一度売った後、同数量を買い戻すことで、「3万円の利益を出したが3万円の損失も確定させた」ことになり、税金がかからず保有も続けられます。
配当金については、現物買いで配当金を受け取ると同時に信用売りで配当相当額を支払い、その差額がコストとなります。
確定申告すれば税金は戻ってきますし、取引口座の状態や配当金の設定方式によっては税額が還付されることもあります。
このように、お得に投資を行ったり株主優待を入手したい方にとって嬉しい特典が多数あるのがこの取引の特徴ですが、事前に知っておく必要があるリスクも存在します。

クロス取引を行う上でのリスクや注意点

まず1つ目の注意点ですが、クロス取引の際に必要になってくる信用売りを行うには、信用取引口座を開設することが必須という点です。
証券会社により口座の開設に必要な条件や基準は異なりますが、インターネット環境やいつでも連絡がとれる環境が必要であったり、投資経験、金融資産、年齢制限なども問われる場合もあります。
電話審査や書面審査がすんだら口座が開設され、その後現金を保証金に振替することで信用取引を行うことが可能になります。
すぐにでも取引を行いたい方、株主優待を得たいが忙しくて時間がとれないという方は注意が必要です。

2つ目の注意点は、クロス取引で扱える銘柄には制限があるということです。
制度信用取引で扱えるものは「制度信用銘柄」と呼ばれ、普通は買い建のみできます。
その中に半数ほどある売り建できる銘柄のことを「貸借銘柄」といい、証券会社のホームページを参照することでどの銘柄が売り建可能なのか確認できます。

3つ目の注意点は、一般的にクロス取引は現物買いと信用売りを同時に行うので、コストが多少かかるということです。
現物買いと信用売りを行うとかかる売買手数料、信用売りの際に株を借りる日数分かかる信用取引の貸株料、株不足になったら追加のレンタル料として支払う逆日歩、配当金の受払いなどが代表的です。
先程も書いたとおり、配当金を取り戻したり、手数料を無料にする方法はいくつか存在しますが、基本的にこのようなコストがかかると考える必要があります。

また、手数料を無料にする方法は証券会社により違っていたり、無料にする方法がない場合もあります。
この中でも特にリスクに繋がりやすいのが逆日歩です。
逆日歩は株券の調達のために支払う費用です。
クロス取引を行う投資家が増えるとその分空売りも増加するので、空売りに使う株券の入手が困難になり、株不足に繋がります。
ケースによっては逆日歩が高額化し、コストが倍増することもありえます。
逆日歩が発生しない取引方法を使用することも可能ですが、その場合も利益が少ない、確実性が保証されていないといった問題点があります。
クロス取引にはこのような特徴があり、お得に株主優待を受けたい方、リスクの少ない投資を行いたい方が利用する際には、どのような利益や損失が生まれるか慎重に考える必要があります。
リスクや手間も考慮しつつ、クロス取引のメリットを最大限に活用して、お得な投資を目指しましょう。

関連記事